矯正治療で不細工にならないために

To avoid becoming unsightly due to orthodontic treatment

歯列矯正は、美しい笑顔や健康な口内環境を手に入れるために重要な治療です。しかし、時には矯正治療が失敗したり、思わぬリスクが生じることもあります。

本記事では、歯列矯正における失敗や問題点、そしてそれを避けるための対策、矯正治療を受けた人々が美しさを手に入れた実例やその効果について探り、美人になるための矯正治療のポイントを解説します。

矯正治療で不細工になるケース

老け顔になった

矯正治療によって上下の歯並びが均等に移動せず、上下顎のバランスが崩れる場合があります。例えば、下顎が過度に後退することで顔が凹んだように見えたり、下顎が前に突出してしまうことで顔が突出したように見えるなど、顔全体のバランスが損なわれます。

場合によっては、ほうれい線が目立つようになった。口元が下がってしまった。など、老け顔になってしまうケースがあるようです。

出っ歯になった

でこぼこの歯などの矯正治療において、充分なスペースが確保できていない状態で無理な歯列矯正を行うと、出っ歯になるリスクが生じます。特に部分矯正では、スペースが足りずに歯が前に出てしまう可能性があります。また、歯の位置や角度によっては、治療後にガミースマイルが発生するリスクもあります。

口ゴボの治療

口ゴボを治療するメリット

これまで、口ゴボが理由で「口元を見られたくない」「人前に出るのが恥ずかしい」とコンプレックスを感じていた方には、口ゴボが解消されることが、そのまま大きなメリットになることでしょう。
それ以外にも、かみ合わせが良くなることで、食事による栄養摂取がより効率よくなり、お口の中の乾燥を防ぐことや歯みがきがしやすくなることから、むし歯や歯周病のリスクを下げることにもつながります。また、顎関節症や頭痛などの症状を緩和する効果も期待できます。

口ゴボの治療方法

上顎前突や下顎前突、上下顎前突といった不正咬合(適切ではない歯並びやかみ合わせ)が原因になっている口ゴボについては、矯正治療で改善することができます
一般的には、歯の表面につけた矯正装置を介したワイヤーの力で歯を動かす表側矯正や、透明で目立ちにくいマウスピースで歯を動かすマウスピース矯正などをお選びいただくことになります。歯を移動する距離が長い場合には、抜歯を伴う矯正治療になることがありますが、健康的に問題が起こらないような治療計画をご提案します。

口ゴボ治療の症例

CASES

治療前
治療後

※噛み合わせによって、適合の可否や治療期間、料金プランが異なる場合がございます。

主訴

治療方法

治療期間

副作用・リスク

費用

出っ歯治療の流れ

FLOW

カウンセリング

患者さまがこれまでお悩みを持たれていたことをお伺いします。
詳しい治療内容は、検査の後になりますが、どのような治療が考えられるのか。その治療の良い点と注意が必要な点、治療期間や費用などをご説明します。

精密検査

治療を安全に行うために、お口の中の状態やレントゲンによる検査を行います。
症状によっては、骨の質や歯の根の状態、周囲の神経や血管などの情報も詳細に観察できる歯科用CTを用いた検査を行います。

治療計画のご説明

検査の結果や治療計画をご説明します。
お悩みの症状を、できる限り患者さまの希望に沿うような形で治療方針を決めていければと考えておりますので、気になることがあれば何でもご質問ください。
治療内容にご納得いただければ、矯正治療を始めます。

治療開始

ワイヤーやマウスピースなどの矯正装置を使って歯を誘導し、口ゴボを改善していきます。
治療期間中は、定期的にご来院いただき、経過観察や矯正装置の調整を行います。

治療完了

歯並びが理想の位置に移動できれば治療は完了です。
しかし、移動した歯は元の位置に戻ろうと動いてしまうので、保定装置という器具を使って2年程度、後戻りを抑制します。

診療予約について

RESERVE

患者様をお待たせしないために、完全予約制とさせていただいております。お電話もしくは予約フォームから予約をお取りいただけます。

 
9:30-13:30
14:30-18:30

〒134-0083
東京都江戸川区中葛西5丁目32-5  郡山ビル1F
東京メトロ東西線 葛西駅西出口より徒歩2分