八重歯が気になる

double teeth

こんなお悩みはありませんか?

「八重歯」いわゆる犬歯が外に飛び出してしまっている状態ですが、見た目が気になっていたり、口の中を噛んでしまったり、口内炎になりやすかったり、歯みがきやフロスがしにくいといったお悩みはありませんか?

日本では愛嬌があってかわいらしいイメージがある「八重歯」ですが、歯並びとしては決して良好な状態とは言えず、様々なリスクを伴う可能性があります。このページにでは、八重歯がどんなものか、どのような治療ができるのかなど詳しく解説していきます。

この機会に、ご自身の八重歯について考えてみましょう。

八重歯とは

八重歯ってそもそもどういう歯並び?

八重歯(やえば)は、中心から数えて三番目の歯(犬歯)が他の歯よりも外に出ている状態を指します。歯の大きさに対してあごの大きさが小さいために、歯が正しい位置に収まらずにズレたりガタガタに歯が並んでしまう叢生(そうせい)という不正咬合に該当します。

通常、上顎(上の歯)と下顎(下の歯)の歯が正確にかみ合っている状態が健康的な歯並びですが、八重歯が他の歯よりも外に飛び出しているため、歯並びが乱れているように見えます。

八重歯になる原因

八重歯の原因は、歯の大きさに対してあごの大きさが足りないことです。主に、乳歯から永久歯に生え変わる過程で、犬歯は前後の歯よりも後から生えるため、スペースがなくなってしまい、正しい位置に収まらないことが八重歯の原因となります。

日本人は比較的あごが小さく、遺伝によるものもありますが、乳歯の時期における食事習慣や指しゃぶりなどの習癖があごの成長不良に繋がる場合もあります。むし歯などを作らす、正しい生え変わりが行われることも重要です。

八重歯のデメリット

犬歯には本来、上下の歯のかみ合わせのバランスを取る役割があり、特に食べ物を奥歯で左右にすりつぶすような動きをする際には、奥歯に過度に力がかかってしまうことを抑える役目があります。八重歯の場合は、上下の犬歯が適切にかみ合わさっていないことになるので、奥歯を痛めてしまう。場合によっては歯が欠けてしまったり割れてしまうということになります
他にも、歯みがきやフロスがしにくくなることから、むし歯や歯周病のリスクを高めてしまうことにもなりますし、全身のバランスが崩れてしまうことや顎関節症のリスクを高めてしまうことにもつながります。

八重歯の治療

八重歯を治療するメリット

八重歯を正しい歯並びに改善することで、前項のデメリットに挙げているような、かみ合わせの不正に伴うリスクやむし歯・歯周病、顎関節症のリスクを減らすことができます。また、お口全体のかみ合わせが良くなることで、食事から適切に栄養を摂取することができるようになったり、骨格のバランスが良くなることで肩こりや頭痛が解消されることもあります。
なによりも、見た目の歯並びが改善する訳ですから、人前で口元が気にならなくなり、歯並びを気にせずに思い切り笑うことができます

八重歯の治療方法

八重歯は不正咬合(適切ではない歯並びやかみ合わせ)の一種ですので、通常は矯正治療で改善することができます。
歯の表面に取り付けた矯正装置に通したワイヤーの力で歯を誘導する表側矯正や、複数のマウスピースを定期的に交換することで歯を誘導するマウスピース矯正などの矯正治療をお選びいただくことができます。特にマウスピース矯正は、透明なマウスピースを使用するため、治療をしていることが目立たず、食事や歯みがきの際には取りはずすことができるため、患者さまにも負担が少なく治療をすることができます。

八重歯治療の症例

CASES

治療前
治療後

※噛み合わせによって、適合の可否や治療期間、料金プランが異なる場合がございます。

主訴

治療方法

治療期間

副作用・リスク

費用

八重歯治療の流れ

FLOW

カウンセリング

八重歯のお悩みや、どのような治療を希望されるかをお伺いして、患者さまにとって最適なプランをご提案します。治療内容やメリット・デメリット、費用などをご説明いたします。
疑問や不安なことがあれば気兼ねなくご質問ください。

精密検査

治療を安全に行うために、お口の中の状態やレントゲンによる検査を行います。
また、事前シミュレーションによる効果的な治療計画を立てるために、口腔内3Dスキャナーを使って歯型のデータを取ります。

治療計画のご説明

検査の結果や治療計画をご説明します。
治療内容にご納得いただければ、矯正治療に進みます。

治療開始

矯正装置を使って歯を誘導し、歯並びやかみ合わせを改善していきます。
治療期間中は、毎月ご来院いただき、経過観察や矯正装置の調整を行います。

治療完了

歯並びがきれいになったら治療は完了です。
しかし、移動した歯は元の位置に戻ろうと動いてしまうので、一定期間保定装置という器具を使って移動を抑制します。

診療予約について

RESERVE

患者様をお待たせしないために、完全予約制とさせていただいております。お電話もしくは予約フォームから予約をお取りいただけます。

 
9:30-13:30
14:30-18:30

〒134-0083
東京都江戸川区中葛西5丁目32-5  郡山ビル1F
東京メトロ東西線 葛西駅西出口より徒歩2分