睡眠時無呼吸症候群

SLEEP APNEA SYNDROME

トリートメントコーディネーター・管理栄養士・歯科技工士 在籍

トリートメントコーディネーターによるコンサルテーション・治療説明・お悩み相談。
管理栄養士による栄養指導。院内技工により保険診療でも精度の高い補綴物の製作を行なっております。

歯科で気付く!

睡眠時無呼吸症候群

主な症状

  • だるい
  • 顎が痛い
  • 歯が欠けた
  • よく眠れない
  • いびきをかく
  • 急に眠くなる
  • 昼間なのに眠い
  • 集中力が切れやすい
  • 朝起きると顎が痛い
  • 寝ても疲れが取れない
  • 車に乗ると寝てしまう
  • 映画館ですぐ寝てしまう
  • お酒を飲むと急に眠くなる
  • 肩こり、首こり、頭痛がひどい
  • 歯医者さんで治療中に寝てしまう

5人に1人は睡眠時無呼吸患者
歯科治療中に眠ってしまう方は要注意!
小児ではADHDと誤認されることも多い
睡眠時無呼吸患者は寿命が短くなる可能性もあります。

本当は恐い本当に怖い いびき
様々な悪影響・・・脳や身体へのダメージ

「いびき」は皆さまに見られます。「いびきはよく眠れている証拠」とも言われている時代もありました。
しかし、最近では、いびきは不調の発生サインとして知られるようになっています。
いびきは、睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apena Syndrome)の代表症状です。SASによる睡眠中の酸素不足は、脳や身体へのダメージ、日常生活や生命さえ脅かす可能性があり、肥満などの生活習慣病や全身疾患の原因にもなりうる恐ろしい病気です。

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群とは呼吸障害を引き起こす病気です。睡眠不足が引き金に昼間の活動に影響が出ます。睡眠中に舌が沈下することで気道が狭くなって大きないびきをかく、呼吸が止まる弱くなるなどの症状を引き起こします。結果として呼吸が苦しくて頻繁に目が覚めたりきたり,眠ってはいるが深く眠れないなどのことが頻繁に起こります。
大きないびきが、睡眠時無呼吸症候群の特徴のひとつです。
歯軋りや食いしばりとの関連性も高く,歯軋り食いしばりは睡眠が浅い時に発生することが分かってきています。歯軋りなどで歯がかけたり歯周病が進行したり顎関節症になったりとその本当の原因は睡眠時無呼吸症候群のこともあります。
睡眠時無呼吸症候群は慢性的な寝不足を引き起こし、昼間の集中力が低下して仕事や学業運動などにも支障が出ます。アルコールを摂取すると急に眠くなるなど体への悪影響が心配されます。睡眠が不足すると酸素が不足するため、疲労感が取れず高血圧や心臓病のリスクも高まり、循環器系や呼吸器系に影響が出ることが多く報告されています。

いびき外来による、睡眠時無呼吸症候群の改善策とは?

当院では、呼吸器内科と連携し保険診療にて,いびきで悩む方の治療を行っています。
いびきや睡眠時無呼吸症候群は、舌および顎が気道を塞ぐことで引き起こります。歯科医院で行ういびき治療では、マウスピースを装着することでいびき及び睡眠時無呼吸症候群の改善を促します。また当院の抜歯を行わない矯正治療によって気道を大きく拡大することができる場合もあります。
いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療で使用されるマウスピースは、スポーツ用のマウスピースや歯ぎしり顎関節症用のマウスピースとは異なります。いびき改善用のマウスピースを装着することで下顎を前に出し、舌のスペースができ下がっていた舌も引き上げられ,気道が広がり、呼吸が正常になるためいびきの改善に繋がります。
歯科医院で作製する睡眠時無呼吸症候群改善用のマウスピースは保険が適用になる場合と、保険適用外のものがあります。保険適用の場合、病名と医師の診断書が必要となります。保険適用になるかどうかは、ぜひ相談してください。

睡眠時無呼吸症候群の症状

  • 睡眠中のいびき、10秒以上の呼吸停止、呼吸停止が1分超える場合もあります。
  • 夜中に目が覚める(途中覚醒)夜間尿回数の増加
  • 起床時の頭痛・よく寝た感が無い
  • 昼間の眠気,怠惰感,居眠り
  • 集中力、記憶力の低下

マランパティ分類でClassⅢ・Ⅳは要注意です。

口腔内装置(マウスピースの種類)と違い

上下一体型

長所

  • 保険適応されているため制作費用が安価

短所

  • 微調整ができない
  • 使用により不快感や顎関節症状を引き起こす場合がある
  • 嚥下や咳がしにくい

上下分離型(ソムノデント)欧米では主流

長所

  • 上下分離型のため下顎を動かせるため,顎関節部に負担が少なく,また嚥下や咳ができる
  • 装置内部にソフトな素材を採用しているため,装着感が良く,着脱も簡単
  • 下顎の微調整ができるため,長期使用しても適切な状況で使用できます

診療予約について

RESERVE

患者様をお待たせしないために、完全予約制とさせていただいております。お電話もしくは予約フォームから予約をお取りいただけます。

 
9:30-13:30
14:30-18:30

〒134-0083
東京都江戸川区中葛西5丁目32-5  郡山ビル1F
東京メトロ東西線 葛西駅西出口より徒歩2分