• 歯茎が時々腫れる
  • 膿が出る
  • 歯がうずく
  • 噛んだときに違和感がある

-精密根管治療-

ENDODONTIC TREATMENT

歯の神経を取ると抵抗性がなくなり
根に膿みを作ったり破折の原因となります

当院ではラバーダム防湿とマイクロスコープを用いた精密根管治療をご提供しております。

根管治療は、ネジのような道具を使用し、 何度も通院し盲目的に行われていた治療でしたが、最高80倍まで拡大可能なマイクロスコープを用いることで確実に目で確認して治療することが可能になりました。
従来の根幹治療では根管の汚れを見落としており、数年後に急に痛むということはよくある話です。マイクロスコープを用いて再発の少ない精密な根管治療を行うことが歯の長持ちには必要不可欠です。
日本における歯の神経を取る(根管治療)の成功率は約50%と言われています。手をつけなければならない治療の約半分が治らないという低い成功率となります。

根管治療(歯内療法)とは

虫歯が神経まで進行した場合、神経を取り除き神経の変わりのお薬を入れて被せ物をする治療です。

根管治療の目的

根の治療には2つの目的があります。

  • 痛みを取り除く → 対症療法
  • 痛みを抑え、再発を抑制するための予防処置 → 原因除去療法

1.の対処療法は保険診療の根の治療です。
数年間は生活に支障がでないよう、最低限の処置を行うということです。ただしリスクとして、約50%で再発が起こります。再根管治療(再治療)が必要になってくるリスクが高く、銀歯の使用による二次カリエスのリスクも高いです。再治療が2回、3回と続くことで自分の歯が殆どなくなってしまい、 破折などによって抜歯になる可能性が非常に高まります。

2.の原因除去治療については、精密根管治療が適切です。保険の治療が悪いわけではありませんが、保険の治療にはできることが限られています。根管治療を行う場合は、後天的に抜歯になってしまう様々なリスクを考慮すると、精密根管治療で再発や炎症のリスクを下げることが望まれます。

当院の精密根管治療

※自由診療(保険適用外)

マイクロスコープ

日本における保険の治療の場合、時間やコストなどの面から肉眼で行われる場合が多く、治療回数も多いです。しかし、歯の神経を取る処置は,極々小さな根管を盲目下で探し、その中を針のような道具を使用して清潔にするという非常に緻密な治療となります。
それを肉眼でやる場合、どうしても小さな根管やむし歯の場所を見落としてそのままになっていることが多いです。

精密根管治療では、マイクロスコープという歯科用顕微鏡を使用し、肉眼では見えない根管を最大で約80倍にまで拡大することにより、しっかり目視しながら治療をすることが可能です。

ラバーダム防湿+MTAセメント

 口の中には目には見えない大きさの細菌がたくさんいるため、ラバーダム防湿を使用し完全に無菌環境を作ります。ラバーダム防湿を行わずに根管治療を行う場合、口腔内に触れた器具や唾液などによる細菌の侵入を容易に許してしまう可能性が高まり、治療後の再感染のリスクがかなり高くなります。

最終的には、 神経の代わりに、 従来はガッタパーチャポイントと呼ばれるゴム製の神経に代わるお薬を使用していましたが、当院は MTAセメントを使用します。 MTAセメントとは、生体ととても親和性が高く、封鎖性と殺菌性に優れ、歯が破折しにくくなると言われています。

精密根管治療の費用

精密根管治療前歯5万円
小臼歯8万円
大臼歯12万円
ファイバーポスト2万円
ウォーキングブリーチ1万円
エクストリュージョン5万円
※治療費には別途消費税がかかります

精密根管治療のリスク・副作用

  • 治療の内容によっては痛みが出る場合があります。治療後に数日間違和感が残る場合があります。

精密根管治療の流れ

FLOW

精密根管治療検査

精密根管治療

MTAセメントによる根管充填

ファイバーポストの築造

仮歯による歯の状態の確認

診療予約について

RESERVE

患者様をお待たせしないために、完全予約制とさせていただいております。お電話もしくは予約フォームから予約をお取りいただけます。

 
9:30-13:30
14:30-18:30

〒134-0083
東京都江戸川区中葛西5丁目32-5  郡山ビル1F
東京メトロ東西線 葛西駅西出口より徒歩2分