スタッフ紹介

STAFF PROFILE

院長

DIRECTOR

久保田 達也(くぼた たつや)

今までに虫歯の治療を受けたことがありますか??

虫歯の治療の時
食事や栄養指導、矯正治療の必要性を説明されたことはありますか??

私は歯学部を卒業後全ての歯を残せるような歯科医師になりたいと思い、大学病院の歯周病科に入局しました。大学病院は、基本的には紹介患者さんが多く難症例と言われるような患者さんが多く来院され、その中でも歯周病科というのは、歯の保存に強くこだわっている診療科だと思います。

歯科医師になって大学病院で約10年間、ひたすら歯の保存にこだわってきました。重度の歯周病や破折した歯、交通事故による脱臼、根管治療が困難な歯などたくさんの歯を保存してきました。うまくいく症例もありますが5年も経たずに再発を繰り返したり、抜歯に至る症例にも多く出会ってきました。

抜歯に至ってしまった時に、なぜこの症例はうまくいったのに今回のケースでは抜歯になったのだろうとずっと考え続けて現在に至っています。(それを考察するにあたって必要なのがお口の中の写真やレントゲンです。そのため当院では口腔内写真を多く撮影させていただいております。記録を取り続けることはとても大切だと考えているからです。)

そこで出てきた答えの一つとして、骨格や歯並びの診断が足りてないということに気づき始めました。

極端な例では、食事の回数が多く、歯並びが悪くて磨けない状態で虫歯になっているのに、食事の指導もせずに、歯並びも悪く磨けない状態、歯ブラシ指導もせずに虫歯の治療をきっちり行なったとしても再度虫歯になることは自明の理であると思いますが過去の自分の治療を振り返っていかがでしょうか。

補綴(被せ物)や矯正治療により噛み合わせの治療を行い、歯並びや噛み合わせが良い状態で終了できた場合、歯ブラシが下手だったとしても磨き残しはかなり少ないですし、再治療に至る可能性もかなり少ないと感じています。

歯並びを考えずに歯の保存に注力した場合、長期の安定は得られません。当院では再治療の少ない長期の安定を重要視しているためご希望がなかったとしても矯正治療を積極的に推奨させていただいております。

アメリカやスペインの歯周病学会やインプラント学会で発表させていただいた際に、参加している海外の先生たちとディスカッションしてみてさらにその考えを強くし現在に至っております。

経歴

2007〜私立佐野日本大学高等学校 卒業
2013〜日本大学歯学部 卒業
2018〜日本大学大学院歯学研究科 応用口腔科学分野 歯周病学 卒業
2018〜日本大学歯学部付属歯科病院 歯周病科 入局
2019〜デジタルハリウッド大学院 デジタルコンテンツ研究科入学

所属学会・認定資格

日本歯周病学会 認定医
日本臨床歯周病学会
口腔インプラント学会
日本顎咬合学会
抗加齢医学会
JIADS
Osseointegration studyclub of Japan
東京SJCD

スタディグループ

大森塾
情熱会
ENの会
TREEEE.
K-project
TS study Club
PaDaWaN_DSG
臨床基礎蓄積会 副会長
Jiads Study Club Tokyo
川口ぺリオインプラント研究会
つかだ矯正勉強会
INTERDISCIPLINARY TEAM IN DENTISTRY

職務経歴

酒井歯科クリニック(東京都文京区本郷)
ココロデンタル(東京都渋谷区恵比寿)
カメアリデンタルクリニック(東京都葛飾区亀有)
西葛西杉井歯科クリニック(東京都江戸川区西葛西)

他、墨田区、台東区、千代田区、中央区、新宿区、埼玉県上尾市にて歯科治療に従事

  • Katsuyoshi Tsunori, Shuichi Sato, Akira Hasuike, Soichiro Manaka, Hiromichi Shino, Nobuaki Sato, Tatsuya Kubota, Yoshinori Arai, Koichi Ito, Masashi Miyazaki. Effects of intermittent administration of parathyroid hormone on bone augmentation in rat calvarium. Implant Dent, 24(2), 142-148, 2015, (1.023)
  • Tatsuya Kubota, Akira Hasuike, Yasumasa Ozawa, Takanobu Yamamoto, Katsuyoshi Tsunori, Yutaka Yamada, Shuichi Sato. Regenerative capacity of augmented bone in rat calvarial guided bone augmentation model. Journal Periodontal Implant Sci, 47(2), 77-85, 2017, (1.108)
  • Naoya Tsukune, Masako Naito, Tatsuya Kubota, Yasumasa Ozawa, Mayu Nagao, Akiko Ohashi, Shuichi Sato, Tomihisa Takahashi. Lamin A overexpression promotes osteoblast differentiation and calcification in the MC3T3-E1 preosteoblastic cell line, Biochem Biophys Res Commun. 488(4), 664-670, 2017, (2.371)
  • Takanobu Yamamoto, Akira Hasuike, Ryosuke Koshi, Yasumasa Ozawa, Manami Ozaki, Tatsuya Kubota, Shuichi Sato. Influences of mechanical barrier permeability on guided bone augmentation in the rat calvarium (2017) J Oral Sci. 60(3), 453-459, 2018
  • Yasumasa Ozawa, Tatsuya Kubota, Takanobu Yamamoto, Naoya Tsukune, Ryosuke Koshi, Tetsuya Nishida, Masatake Asano, Shuichi Sato. Comparison of the bone augmentation ability of absorbable collagen sponge with that of hydroxyapatite/collagen composite. J Oral Sci, 60(4), 514-51, 2018
  • Tatsuya Kubota, Akira Hasuike, Naoya Tsukune, Yasumasa Ozawa, Takanobu Yamamoto, Seiko Min, Masako Naito, Shuichi Sato, Influence of estrogen deficiency on guided bone augmentation: investigation of rat calvarial model and osteoblast-like MC3T3-E1 cells, Eur J Oral Sci, 126, 206-213, 2018,
  • Tatsuya Kubota, Akira Hasuike, Masako Naito, Katsuyoshi Tsunori, Seiko Min, Shuichi Sato. Enhancement of Bone Augmentation in Osteoporotic Conditions by the Intermittent Parathyroid Hormone: An Animal Study in the Calvarium of Ovariectomized Rat. Int J Oral Maxillfac Implants. 33(5), 1003-1010, 2018.
  • Akira Hasuike, Daisuke Ueno, Hidekazu Nagashima, Tatsuya Kubota, Naoya Tsukune, Norhisa Watanabe, Shuichi Sato. Methodological quality and risk-of-bias assessments in systematic reviews of treatments for peri-implantitis. 22, 54(4) 374-387 , 2019.
  • Akiyoshi Sugawara, Kenji Fujikawa, Ryosuke Koshi, Yasumasa Ozawa, Tatsuya Kubota, Takanobu Yamamoto, Shuichi Sato (2015) Evaluation of Biphasic Calcium Phosphate-based Cement in Rat Carvarial Model. 93rd International Association for Dental Research, Boston
  • 久保田 達也, 築根 直哉, 津徳 亮成, 蓮池 聡, 小嶋 太郎, 福田 武志, 吉沼 直人, 菅野 直之, 新井 嘉則, 佐藤 秀一 (2016) ラット頭頂骨の骨増生に対する骨粗鬆症の影響. 第59回 春季日本歯周病学会学術大会, 鹿児島
  • 山本 崇申, 小澤 康正 , 久保田 達也 , 佐藤 秀一 (2016) ラット頭頂骨GBAモデルを用いた骨外側方向の骨増生に対する骨膜の影響. 第 68 回 日本大学歯学会総会・学術大会, 東京
  • 久保田 達也, 津徳 亮成, 小澤 康正, 山本 崇申, 築根 直哉, 蓮池 聡, 佐藤 秀一 (2016) 骨粗鬆症ラット頭頂骨の骨増生に対する
 PTH (1-34) の影響, 第 68 回 日本大学歯学会総会・学術大会, 東京 奨励賞
  • 小澤 康正, 好士 亮介, 久保田 達也, 山本 崇申, 菅原 明喜, 藤川 謙次, 佐藤 秀一 (2016) 新世代の骨移植材 Biphasic Calcium Phosphate Cementのラット頭頂骨モデルにおける病理組織学的評価. 第 144 回 日本歯科保存学会 平成28年度春季学術大会, 栃木
  • 津徳 亮成, 蓮池 聡, 山田 豊, 久保田 達也, 沼崎 光, 佐藤 秀一 (2016) ラットGBAモデルにおいて増生した新生組織の移植骨としての効果. 第 144 回 日本歯科保存学会 平成28年度春季学術大会, 栃木
  • 築根 直哉, 久保田 達也, 小澤 康正, 内藤 昌子, 高橋 富久, 佐藤 秀一 (2016) 骨芽細胞分化に対するLamin Aの影響. 第 25 回 硬組織再生生物学会, 東京
  • Tatsuya Kubota, Katsuyoshi Tsunori, Yasumasa Ozawa, Takanobu Yamamoto, Naoya Tsukune, Akira Hasuike, Sanae Ezawa, Kenji Tanaka, Yoshinori Arai, Shuichi Sato (2016) Effect of osteoporosis on bone augmentation in ovariectomized rat calvarium. 102nd American Academy of Periodontology, SanDiego
  • Katsuyoshi Tsunori, Akira Hasuike, Yutaka Yamada, Tatsuya Kubota, Yasumasa Ozawa, Harumi Masuda, Yuichi Mizumura, Shuichi Sato (2016) Bone augmentation using bone graft material derived from a rat GBA model. 102nd American Academy of Periodontology, SanDiego
  • 築根 直哉, 久保田 達也, 小澤 康正, 内藤 昌子, 氏家 久, 江澤 眞恵, 高橋 富久, 佐藤 秀一 (2016) 骨芽細胞分化に対するLamin Aの影響. 第 59 回 秋季 日本歯周病学会学術講演会, 新潟
  • 久保田 達也, 蓮池 聡, 津徳 亮成, 小澤 康正, 山本 崇申, 築根 直哉, 蛭間 重能, 内山 壽夫, 佐藤 秀一 (2017) 骨粗鬆症モデルラットにおける頭頂骨の骨増生に対する影響. 第 60 回 春季 日本歯周病学会学術講演会, 福岡
  • 築根 直哉, 久保田 達也, 内藤 昌子, 高橋 富久, 佐藤 秀一 (2017) Lamin Aの過剰発現は, 骨芽細胞分化を促進する. 第 69 回日本大学歯学会総会・学術大会, 東京
  • Akira Hasuike, Tatsuya Kubota, Hidekazu Nagashima, Takanobu Yamamoto, Katsuyoshi Tsunori, Shuichi Sato, (2017) Regenerative ability of augmented bone in rat calvarial guided bone augmentation model. Osteology Symposium Japan, Tokyo
  • Tatsuya Kubota, Akira Hasuike, Katsuyoshi Tsunori, Yasumasa Ozawa, Naoya Tsukune, Shuichi Sato, (2017) Effects of Intermittent Administration of PTH on Guided Bone Augmentation in Ovariectomized Rat Calvaria. Osteology Symposium Japan, Tokyo
  • Tatsuya Kubota, Akira Hasuike, Katsuyoshi Tsunori, Masako Naito, Naoya Tsukune, Takonobu Yamamoto, Yasumasa Ozawa, Masatoshi Takane, Masakazu Saito, Shuichi Sato (2017) Intermittent Administration of parathyroid hormone enhances on Guided Bone Augmentation in osteoporosis rat calvarium. 103rd American Academy of Periodontology, Boston
  • Takanobu Yamamoto,Akira Hasuike,Manami Ozaki,Yasumasa Ozawa,Tatsuya Kubota,Naoya Tsukune,Norihisa Watanabe,Eiji Goke,Shuichi Sato, 2017 Influences of mechanical barrier permeability on guided bone augmentation in rat calvarium. 103rd American Academy of Periodontology, Boston
  • Tatsuya Kubota, Akira Hasuike, Katsuyoshi Tsunori, Naoya Tsukune, Takanobu Yamamoto, Masako Naito, Shuichi Sato (2017) Guide Bone Augmentation in the Calvarium of Ovariectomized Rat model. 26th European Association for Osseointegration, Madrid
  • Akira Hasuike, Tatsuya Kubota, Katsuyoshi Tsunori, Masako Naito, Shuichi Sato (2017) Effects of the Intermittent Administration of PTH on Guided Bone Augmentation in the Calvarium of Ovariectomized Rat, 26th European Association for Osseointegration, Madrid
  • Katsuyoshi Tsunori, Naoya Tsukune, Tatsuya Kubota, Akira Hasuike, Shuichi Sato (2017) Regenerative ability of augmented bone in rat calvarial guided bone augmentation model, 26th European Association for Osseointegration, Madrid
  • 久保田 達也, 蓮池 聡, 津徳 亮成, 小澤 康正, 山本 崇申, 築根 直哉, 好士 亮介, 髙山 忠裕, 西田 哲也, 吉沼 直人, 菅野 直之, 佐藤 秀一 (2018) 卵巣摘出ラットにおける骨増生への PTH (1-34) の間欠投与の影響. 第 148 回 日本歯科保存学会 平成 30 年度春季学術大会, 横浜
  • 築根 直哉, 久保田 達也, 酒井 嶺, 新井 伸治, 汐見 登, 菅井 健二, 高橋 富久, 佐藤 秀一 (2017) Lamin A変異体は, 骨芽細胞の分化を抑制する. 第61回 秋季日本歯周病学会学術大会, 大阪
  • 森田育英会 
  • 歯界展望 133巻3号
    最新のエビデンスとコンセンサスに基づく インプラント周囲病変に対する理解とアプローチ〈前編〉
  • DH style/2019年7月号
    特集1/安全・確実なインスツルメンテーションのためのベーシックポイント■特集1
    —–久保田達也・築根直哉・酒井和人

歯科医師

DENTIST

根管治療担当医

小長谷 香

日本大学歯学部 卒業

PESCJ (Penn Endo Study Club in Japan)
PESCJとは歯内療法専門医養成レジデントプログラムです。
このプログラムはペンシルバニア大学歯内療法学科とのコラボレーションプログラムです。

歯周病・総合診療担当

千 智博

岩手医科大学卒業

日本歯周病学会

島田 淳平

日本大学歯学部出身

日本口腔インプラント学会 専門医
日本歯周病学会 認定医
ジャパンオーラルヘルスケア学会 予防歯科認定医
歯科医師臨床研修指導医

口腔外科・抜歯担当

張替 彩記子

日本大学歯学部出身
昭和大学歯科病院 顎顔面口腔外科所属

日本口腔外科学会
日本顎顔面インプラント学会
顎変形症学会
日本救急医学会 ICLSコース修了

口腔外科・抜歯担当

坐間 学

歯学博士

平成28年4月日本大学歯学研究科口腔外科学講座
令和2年3月日本大学歯学研究科卒業 博士(歯学)取得 

獨協医科大学口腔外科
日本大学歯学部付属歯科病院口腔外科第Ⅰ講座

所属学会
日本大学歯学会
日本顎変形症学会
日本口腔外科学会 認定医
日本有病者歯科医療学会 認定医
日本口腔インプラント学会

研究テーマ Neuropathic pain

口腔外科・高齢者歯科担当

山崎 加惠

東京歯科大学出身

日本口腔外科学会 認定医
日本摂食嚥下リハビリテーション学会 認定士

日本ACLS協会 BLS ヘルスプロバイダーコース修了
東京女子医科大学病院歯科口腔外科
エイズ歯科診療従事者臨床研修課程修了
日本救急医学学会認定ICLS 修了
新潟再生歯学研究会(旧100時間コース)修了

訪問歯科・矯正歯科を経験

矯正歯科・シークエンシャル咬合担当

井上先生

東京歯科大学
臨床研修指導医
MFT学会

矯正歯科担当

青木先生

日本大学歯学部付属歯科病院 矯正科

歯科技工士
管理栄養士
トリートメントコーディネーター
在籍

トリートメントコーディネーターによるコンサルテーション・治療説明・お悩み相談。
管理栄養士による栄養指導。院内技工により保険診療でも精度の高い補綴物の製作を行なっております。

診療予約について

RESERVE

患者様をお待たせしないために、完全予約制とさせていただいております。お電話もしくは予約フォームから予約をお取りいただけます。

 
9:30-13:30
14:30-18:30

〒134-0083
東京都江戸川区中葛西5丁目32-5  郡山ビル1F
東京メトロ東西線 葛西駅西出口より徒歩2分