あごが痛い・口を開けると音がする
口が開かない・かみ合わせが悪い
-顎関節の治療-

TMD TREATMENT

あごの痛みだけじゃない
顎関節症の問題

口を開けるとあごの関節から「カクッ」と音がする。あごの関節が痛い、口が開き難いなどの症状があるなら、顎関節症かも知れません。当院では、顎関節症の早期治療をおすすめしています。

歯ぎしりや食いしばり、かみ合わせの悪さが原因になっていて、その症状として顎関節症になっていることも多く、そのような場合には、むし歯や歯の破折、歯がしみる、歯にひびが入るなどの原因にもなりますし、かみ合わせのバランスが悪いと、肩こりや頭痛、眠れない、目が覚める、昼間眠くなる、くいしばり、いびきがすごい、はぎしりをする、耳鳴り、めまい、指のしびれなどの身体の不調に繋がる可能性があります。

当院は、様々な角度から顎関節症と向き合い、患者さまに寄り添って一緒に問題解決をサポートします。

顎関節症とは

顎関節症の症状

顎関節症の代表的な症状は、

  • 口が開け難い
  • 口を開けるとあごの関節が痛い
  • あごの関節から音がする

などですが、顎関節症の原因を起因として、肩こりや頭痛、目や耳や鼻に症状ができることや手がしびれるようなこともあります。

顎関節症の原因

顎関節(あごの関節)への負担や、それを起因として起こる周囲の筋肉の強い緊張が、顎関節症を引き起こしますが、この原因は様々です。

  1. 正しいかみ合わせができていない
  2. 顎関節の酷使や外傷
  3. 歯ぎしりや食いしばり、舌の癖、その他生活習慣(頬杖、姿勢、片側だけで噛むなど)
※3については1に起因することや精神的なストレスが起因することもあります

当院の顎関節治療

問題を緩和する対症療法

口が開け難いなどの症状がある場合は、周囲の筋肉をマッサージなどでほぐす理学療法に基くを行い、患者さまが日常的に行えるマッサージの指導を行います。同時に、顎関節症の原因になりうる癖などがあるようなら、その改善をアドバイスします。

歯ぎしりや食いしばりがある場合には、専用のマウスピース(スプリント)を作成して、夜間に装着していただきます。オーラルリフレクソロジーや認知行動療法を行う場合もあります。

根本を解決する治療

小さなかみ合わせの不正が、積もり積もって顎関節症を引き起こしている場合には、根本的な原因を解決しないことには、症状を繰り返してしまうことになります。

歯ぎしりで歯がすり減ってしまった。入れ歯や過去の治療で装着した被せ物が合っていない。などでかみ合わせが悪い場合には、入れ歯や被せ物を作り直します。
また、歯並びが悪いためにかみ合わせのバランスが崩れてしまっているようなケースでは、矯正治療をご提案します。

診療予約について

RESERVE

患者様をお待たせしないために、完全予約制とさせていただいております。お電話もしくは予約フォームから予約をお取りいただけます。

 
9:30-13:30
14:30-18:30

〒134-0083
東京都江戸川区中葛西5丁目32-5  郡山ビル1F
東京メトロ東西線 葛西駅西出口より徒歩2分